サイト運営者「ライトマン」について
ロックマン8の攻略

【ロックマン8裏技】簡単にできる「ボールジャンプ」のやり方!コツは?

ロックマン8の最高速プレイを見たことある人や既にロックマン8をやり込んでいる人はわかるかもしれないが、『ボールジャンプ』という技をご存知だろうか?

ボールジャンプとは、ロックマン8オープニングステージで必ずもらえる特殊武器『ロックボール』を利用してできるジャンプ技である。

このボールジャンプを自分のものにできれば、エネルギーが消費するまで連続ジャンプで上昇することができる他、ステージ攻略最適化にもオススメ。RTA(Real Time Attack)では絶対に欠かせない技である。

ボールジャンプの仕組み

ではボールジャンプの仕組みから簡単に解説しよう。

そもそもボールジャンプは、ボールが爆発する反動で、ジャンプすることができる。

その爆発を連続で起こすことによって、連続ジャンプをするという仕組み。

ボールジャンプのやり方

ネジに余裕があるかたは、念のため、エネルギー消費を抑えるアイテムをもっておいたほうが良いだろう。

初級編(地面にボール置いてボールジャンプ)

  1. ボールを地面に出す
  2. 地面に置いてあるボールにジャンプして、足がボールにつく瞬間に、もう一度ジャンプする

まずは、地面に置いたボールでボールジャンプを練習してみよう。慣れたら次のステップ。

中級編(空中でボールジャンプ)

  1. 前に移動しながら、ジャンプ中にボールを出す
  2. 空中から落ちたボールが、ロックマンの足につく瞬間に、もう一度ジャンプする

コツは、ジャンプの高さが最高地点に到達する前にボールを出すこと。最高地点に到達した後にボールをだすと失敗することが多いです。

上級編(連続ボールジャンプ)

あとは中級でやったことを繰り返して行うだけです。

これが慣れてくると、ボールジャンプで、「高いジャンプor低いジャンプ」や「移動方向」を調整してできるようになります。

ボールジャンプを使えこなせれば・・・

ボールジャンプを使いこなせるようになると、様々なステージを楽に進めたり、トルネードホールドを使用しなくても高い位置へ登れたりすることができます。

通常ならクラウンサンダーを使うところ

通常ではクラウンサンダーを使って登るところも、ボールジャンプで素早く登れたりできます。

高い崖

ソードマンステージ中ボス後の高い崖も、噴射するマグマを利用せずにボールジャンプで登ることができます。

落下ステージでアイテムを取り忘れた時

落下して進むステージで、落ちる際に誤ってアイテムを逃してしまった時も、ボールジャンプでアイテムを取り返すこともできます。

ボールジャンプは慣れれば簡単にできる

筆者もTASやRTAの動画をみて、ボールジャンプの凄さに驚きましたが、やってみると案外できるものです。もしかすると、数分の間にマスターできるかもしれません。

ボールジャンプを練習・苦戦している方や「これからやってみよう!」という方は、ぜひ、当記事を参考にしてみてはいかがでしょう。

まとめ攻略ページ

ロックマン8メタルヒーローズ 弱点攻略
オープニングステージ
  • ヤドカルゴの弱点は「ロックボール」
  • ステージ中にネジ3つ(場所)
グレネードマン
  • 弱点は「サンダークロー」
  • ステージ中にネジ5つ(場所)
フロストマン
  • 弱点は「フラッシュボム」
  • ステージ中にネジ6つ(場所)
テングマン
  • 弱点は「アイスウェーブ」
  • ステージ中にネジ4つ(場所)
クラウンマン
  • 弱点は「トルネードホールド」
  • ステージ中にネジ5つ(場所)
中間ステージ(デューオ)
  • デューオのオススメ武器は「フラッシュボム」
  • ステージ中にネジ2つ(場所)
アクアマン
  • 弱点は「アストロクラッシュ」
  • ステージ中にネジ4つ(場所)
ソードマン
  • 弱点は「ウォーターバルーン」
  • ステージ中にネジ2つ(SS版),ネジ3つ(PS版・Switch版)(場所)
サーチマン
  • 弱点は「フレイムソード」
  • ステージ中にネジ5つ(SS版),ネジ4つ(PS版,Switch版)(場所)
アストロマン
  • 弱点は「ホーミングスナイパー」
  • ステージ中にネジ4つ(場所)
ワイリー1
  • アテテミーノの弱点は「ロックボール」
ワイリー2
  • ブリキングの弱点は「アストロクラッシュ」
ワイリー3
  • フォルテの弱点は「フラッシュボム」
  • グリーングデビルの弱点は「サンダークロー」
ワイリー4
  • ワイリーマシン8号第一形態の弱点「フレイムソード,ウォーターバルーン,アストロクラッシュ」
  • ワイリーマシン8号第二形態の弱点「フラッシュボム」
その他
同じシリーズの記事